こんな日が来るなんて、想像することなんかできませんでした。
2020年に日本を襲った新型コロナで、大学生活が危機を迎えました。
現在の大学生は、その多くはアルバイトが必須です。
不景気な日本で、普通の暮らしをしている人が大学に通うことは難しいのです。
経済的にゆとりがないため、大学に進学できたけれど、学費の多くや生活費を自分で出さなければなりません。
そのためアルバイトは必須項目です。
そのアルバイトは、新型コロナで大ピンチを迎えることになりました。

 

 大学生活をつづけられるかどうか、大きな境目に来たような気がしました。
周囲には、早々に大学を中退しなければならない人もいます。
なんとか大学を卒業したい。
そのために収入を得なければならない。
新規アルバイトを探しても、コロナの影響でなかなかまともな収入のお仕事をみつけられなかったりもしました。

 

 残すはネットでなんとかしてもらうしかないって思いました。
検索で発見した愛人募集掲示板で授業料や生活費の援助を求めてみようと考えたのでした。
愛人募集掲示板は多くの投稿がありました。
こちらでなんらかの出会いをみつけられるかもしれません。
望みをかけて、愛人募集掲示板で金銭的な支援を募集していくことにしました。

 

 大きな期待を持ちながら愛人募集掲示板で活動してみました。
反応は現れます。
愛人募集掲示板に投稿することで、メールが到着します。
心を弾ませながらメール開封をしていくと、ガッカリした気持ちを強めるばかりになりました。
裸でエッチな行為をしている動画を撮影することで、支払いするという内容のメール。
100万円を振り込む代わりに、先払いの保証金が必要というメール。
これらのメールが、とても多くあったのです。
純粋に支援してくれそうな、そんな気配は全くありません。
我慢して愛人募集掲示板で活動しました。
だけど、結局、届くのは同じようなメールばかりでした。
コロナ禍で援助交際を申し込むようなメールまでありました。
悲惨な気分を味わう、それだけの結果に終わった愛人募集掲示板でした。

 

 大きな失望を感じていた時です。
大学の友人からの連絡がやってきました。
この連絡で、明るい未来を見ることになっていきました。
コロナ禍で出来るパパとの関係を、彼女から教えられることになったのです。

 

 大学の友人も、アルバイトに明け暮れる日々を過ごしている子でした。
彼女も新型コロナの影響を受け、仕事が無くなって危機的な状況だったのです。
2人で、大学生活がつづけられるかどうかと、話あったりもしていました。
コロナから、ずっと暗い雰囲気を出していた彼女。
別人のように明るくなっていました。
その理由は、とてつもないものでした。
パパを発見したと言い出したのです。
このパパは純粋なパパ。
肉欲にまみれることのないパパなのです。
複数のパパから多くの収入を得て、大学生活継続の道をみつけられたと言いました。

 

 私が利用したような完全無料の愛人募集掲示板や、金銭支援用の掲示板は利用価値がないと教えられます。
金銭的な支援を得るためには、健全すぎるパパ活アプリの活用が必要だと言われたのです。
アプリの中で、必死に募集することでパパとの出会いが見つかることが分かっていきました。
もしかしたら私にもパパが作れるかもと、大きな期待を持つことができました。

 

 友人御用達のパパ活アプリで活動してみました。
結果と言えば、想像を上回るものでした。
コロナ禍でオンラインの関係を求める男性も多数いた時期です。
パパになりたい男性たちも、リモートの関係を求めていました。
そのため、私とお酒をネット上で楽しんで、支払いをしてくれました。
複数のパパのおかげで、アルバイトが消えた分の収入以上に大きな金額を手に入れられるようになっていきました。

 

 コロナが落ち着いた頃にはリアルデートで、お手当を貰えるようにもなりました。
再びコロナが活発化するようにもなったけれど、それでも全然怖い気持ちを持っていません。
関係を作ることに成功したパパたちからの収入もあります。
新しいパパも、アプリの中で見つけられます。
コロナ禍での大学生活は、確実に送っていける自信が付きました。

おすすめ定番アプリ登録無料

本当にお金をくれる人を探すならココ!

 

 

名前:陽菜
性別:女性
年齢:21歳
 宮ノ前陽菜、21歳の女子大生です。
居酒屋でアルバイトをやっています。
私は授業料の多くや生活費を自分で出さなければいけません。
その為のアルバイトは本当に大変。
大学生活とアルバイトの両立は強烈に大変でした。
それでも卒業を目指して、一生懸命仕事もやっていました。
それは新型コロナの影響でした。
時短営業から自粛へと、収入が絶たれてしまったのです。
新しいアルバイトを探すことも難しい状態でした。
頼りになるのはネットのパパでした。
大学生活が継続出来るかできないか、これで決まってしまうのです。